FC2ブログ
頑張る基準
人は精神的に
落ち込んだ時や落ち込んでいる時
「頑張らなくてもいい」とか表現を使う
月並みの言葉ですが・・・
たぶん、この表現が増えてきている
うつ病とか拒否する事が増えてきて
よく言葉を見ていると
頑固の頑も頑張ると言う言葉の頑です。
この言葉は辞書で調べると
「かたくなに人の言うことを受け入れないさま」
だから、人はそう言う様を
「頑張らなくてもいい」
頑になるから・・・・
昔の人は頑固者が多い
もちろん、自分も含んでですが・・・・
昔の人は
苦労人が多かった
奈落の底から這い上がってきた人達
弱ければ置いていかれる
でもその当時は
「生きなきゃダメ」
「その場に取り残されるのがいやだと言う思い」
「ひとりぼっちはいやだ」
「だから、ハングリーになれた」
「お金も何も無い時代から這い上がってきた」
「それらが、昔ご先祖様、両親が教えてきた」
「肝に命じるようにね」
「その子たちが、自分が居なくても強くたくましく生きて行ける様に」
「親のささやかな願い」
今の時代それが違う・・・・
自分達が苦労したから
子供達には苦労をかけないような親心に変わってしまった
便利な世の中になったから
親達も「ほっとした余裕が生まれたからでしょうね」
昔の親は、
「頑張らなきゃいけない」
「可愛い子供には旅をさせよ」
「苦労は買ってでも出よ」
と言うことわざ、教訓があったように・・・

でも今の時代は違う・・・・・
「がんばらなくてもいい」になって来ている
「頑張ると、ろくな事がない」
「無理しなくてもいい」時代
一番は・・・・
「気楽」
「フリー、自由な心」
それが大事なのでしょうね
自由過ぎても、人は退化します。
「目標」を持つ
「夢中」に成る事
今の人達は、楽しむ事が下手なんでしょうね
昔の人達は、頑張ったお祝い!!!
祝杯、大いに両親達、親戚達や友人達と語らいをする
「昔はこうだったよね」とか
「あ~だったとか」
「だから、今の自分が居る存在に気づく」
「気づきが大切」
「自分の目の前の事を開放する」
「過去の事もすべて開放する」
「何も無い」
「無くす」
「いいから、自分の思いを一旦切り捨てる」
時代が昔と今とでは違うからね
環境が・・・・
かたくなになってもしょうがない。
頑を捨てる
捨て去る事
理屈でもの事を考えない
理屈では割り切れない事が多いですからね
「夢虫」になる事
「夢心」になる事
「夢は叶えてあげる事」
「そのために生まれてきているのだからね」
「だから、あきらめるなぁ」
「空を見なさい」
「味わいなさい」
「噛み締めなさい」
「一人じゃないと・・・」
「大勢の方々に守られている事に気づく事」
感謝は、感じて謝る(あやまる)事
自分に気づく事
「ひとりじゃないよってね」
今の時代、気づく事
スポンサーサイト



【2008/08/20 08:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ソライ・サンタマン


ソライ・サンタマン オフィシャルブログ

プロフィール

ソライ

Author:ソライ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する