FC2ブログ
男模様と女模様
今日は、男と女をテーマとしてメッセージを伝えて行きましょう
地球規模でのオス・メスでほぼ構成されていると考えてよいでしょう
両性もいますが・・・
また、神様もそうですがね・・・
「これは奥が深すぎるものじゃ」
「しかし、単純でもある」
「元々、女性からすべてが生まれている」
「母がそれだけ大事」
「男は、所詮、動物であり、子供じゃ」
「生命を生み出す事は出来ぬからなぁ」
「お手伝い程度じゃが・・・」
「女性を助けるのが男の役目じゃ」
「男の大半は物欲世界で生きているものじゃ」
「女性は大切なものを本能で持っている」
「ビッグバーンでもあるなぁ」
「生み出す素晴らしさをもっているのじゃ」
「一部女性でも男性的なものは持っているが・・・」
「それがホルモンと言うもので構成されている」
「男性ホルモン、女性ホルモンじゃ」
「ホルモンは体内にある細胞でしか作られない化学物質であり」
「その数は70種類以上ある」
「体には、病気にかからないように外敵から身を守るシステムが3つある」
「ひとつは体を動かしたり視覚や触覚などにかかわるもの」
「体外から侵入した病原菌などと対抗する」
「ホルモンを作り出して全身のコントロールするものじゃ」
「これらは、女性ホルモン、男性ホルモンの特性はある」
「人が体長崩す事」
「それは、リンパであり、ホルモンバランスが崩れた時じゃ」
「これらは、オーラにも特色が出てきている」
「また、ホルモンの話はまたの機会で・・・」
「まず、女性の強さ」
「基本的に、女性の寿命は長いが・・・」
「子供を生める期間が限られている事じゃ」
「だから、失恋時の対応が早い」
「ダメだったら、次に行く・・・」
「これは本能じゃなぁ」
「男性の場合、50過ぎても精子さえあればいいって考え多い・・・」
「女性の場合は時の限りがある」
「だから、男のいざと言う決断があいまいになる事が多い」
「所謂、欲望の固まりじゃなぁ」
「所詮、物欲主義者が多い」
「男性の場合、まだいい、まだいいと言うあいまいさ」
「それに女性が待たされる」
「それで、女性が強くなって行く」
「それも男性から強制的に学ばされる事が多い」
「男性の気の短さ・・・」
「短気で頑固が多いのもそうじゃ」
「いつも母性本能に守られているからなぁ」
「わめけば変わる」
「そんな意識に駆られているのじゃ」
「女性のも堪忍袋を持っているから」
「高年期での離婚も多い」
「我慢をしてきたからなぁ」
「当たり前の行為でもある」
「男性諸君・・・・」
「釣った魚には餌をやらぬ行為・・・」
「最初だけ・・・・」
「これからの社会は互いの学びあいが大切じゃ」
「今の時代・・・」
「神ごとをするのは女性が多い」
「本来は男性が行うべき事」
「互いの刺激を与える事じゃ」
「夫婦の行為、SEXもそうじゃ」
「SEXは、女性、男性のホルモンを活性化するのじゃ」
「お互いがいつまでも若くいられるのもホルモンの刺激じゃ」
「女性の肌も綺麗でいられる・・・・」
「それは愛されている証拠でもあるのじゃ」
「男性も、ホルモンバランスを維持する事により」
「仕事への意欲も変わってくるものじゃ」
「艶出し、お互いのホルモンを刺激を与える事によりお互いを高めるものじゃ」
「スポーツもそうじゃ」
「常に同じ運動も大切じゃが・・・」
「人の運動能力を高めるのはエクササイズも練習を変えて行くじゃろぅ」
「マンネリは人を退化させる」
「これはお前も然りじゃなぁ」
「人には色々な虫が住んでいて虫が騒ぐのじゃ」
「虫も神様での使いでなぁ」
「虫の知らせもそうじゃ」
「虫は神様の化身でもあるのじゃ」
「陰と陽のなぁ」
「それらもすべて試される行為」
「虫を使ってなぁ」
「落ちて行くか・・・・」
「落ちても上がってこれるか」
「神様は親のような者でなぁ」
「口で言っても判らぬ者には試練を与える」
「意ってもわからぬならその子が壁に当たって気づくまで見ててくれているものじゃ」


スポンサーサイト



【2009/07/17 09:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
心意学(不機嫌になる心理)
最近、人の心意という定義を自分の守護している方と対話し始めた。
それは、人が満たされなく不機嫌になる心理でもある。
第三者から見れば
満たされている様
それがなぜ・・・・
縁あって結婚をして
また、年月の中で色々な事を学んでいるのに
離婚して・・・
また、誰かを求める真理
「それは、大人の疳の虫」
「大人になっても疳の虫が存在している」
突然凶暴的に暴力・・・・
所謂、DVもそうですが・・・・
「虫唾が走る」
突然の感情の変化
抑えていた虫が突然暴れだすのもそうです
悪寒が走る・・・
この出来事も身体の血液の中にいる虫が走り出す様ですね
美味しいカツオは、虫が食うほど旨いカツオに多く存在している
それは、虫が旨みを知っている
虫、虫って言うと女性の方には
気持ちが悪いって思われますが・・・
人の細胞で構成されています。
細胞の中に虫的な微生物が存在しています
現代医学で言えば・・・
虫的な存在は拒否されがちでしょうが・・・
突然、人が変わる事それも虫のせいですね

【2009/07/15 08:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
七夕様
今日は七夕の日ですね
ちょうど3年前
大須のお店を開店した日でもあります
7月1日からお店借りれるようにして
準備期間を入れて
7月7日にオープンという事に決めて・・・
でっ・・・・
7月1日は合点承知ビル内で引越しをしました。
ちょうどそのスペースが空いたのも意味がある。
でも、今日と言う日も
ある意味でリセットする日でもあるんでしょうね。
初心に戻る・・・・
新たなるね・・・・
この前、熊野に行ったのも意味がある
熊野は木の国・・・(紀の国)
スサノオの神の事
そこで一番印象的であった場所
花の窟神社・・・・国生みの女神イザナミノミコトのお墓(御陵)
沢山ある中の説では・・・・
イザナギノミコトがアメノワカヒコではないかとかね・・・
『古事記』では、アメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネが来た折に
詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)
又は『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある
「乙登多奈婆多」また、お盆の精霊棚とその幡から棚幡という。
今の日本・・・・
明治から暦が変わり西暦になった。
地球統一の意味なんでしょうけど・・・・
旧暦で言えば
今日は5月15日
本当の七夕は現在の暦で言えば
8月26日、27日
本来であれば秋なんですよね
上弦の月の日
半月の日
今日は満月の日ですけど
天気が良ければ満月が見れるんでしょうけど・・・
昨日、思った事
自分の能力アップ
拡大なんでしょうね
自分のテーマは
自分が師匠と思っている
座行先生・・・・
先生を目指すしかない・・・
奇跡を目の前で起こせる人
神がかりの人ですからね
でも、この世に生まれてきたのは人間として生まれてきている
人の辛さ
悲しさ
楽しさ
幸せ
それを、すべて感じるためにね
キリスト様もお釈迦様も最初は人として生まれてきている
人の運命を変えては成らぬと言う神もいる
もちろん、その人の運命を変えてあげなさいという神もいる
「両方とも大事な事じゃ」
「その時、その時に必要な事じゃ」
「それが体験なり、試練でもあるのじゃ」
「元々、人は何かを得るために・・・」
「学びに来ているのじゃ」
「それを思考錯誤しながらなぁ」
「そのために脳(能)があるのじゃ」
「まぁ、焦るなぁ」
「まず、人の話を聞けっ」
「人は苦しい時、悲しい時にいかに微笑めれるかじゃ」
「逆らうという事ではないが・・・」
「その意味もあるのじゃ」
「押してダメなら引く」
「みんな押してばかりいるから扉が開かないのじゃ」
「物事の通りには二つある」
「扉を開くには、押す、引くの二つの事がある」
「目の前の通りに惑わせれては成らぬ事じゃ」
「人生の扉もそうじゃ」
「運命の扉がそうじゃ」
「以外な事から展開があるのじゃ」
「一息入れるのも大事じゃ」
「茶をすする事もなぁ」
「それぐらいの余裕がないと真は見極めれぬのじゃ」
「今の肉体の目で見るなぁ」
「心の目を開くのじゃ」
「所謂、六根清浄じゃなぁ」
「己の目で見ている不浄の物を見るのではなく・・・」
「心の目で清浄なものを見る事」
「今現在見えているのは違うとなぁ」
「その先が肝心じゃ」
「皆その先が見えていれば安心するだろう」
「それが己にとって良い事が待っていると気づけばなぁ」
「だから、先はあると言う事じゃ」
「解るなぁ・・・」
【2009/07/07 15:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
筆・・・
先日浜松のWATTSに出張鑑定に行って学びました。
筆での書き下ろし・・・
自分の固定観念を打ち破られましたね
沢山、筆を購入しました。
その色の専用の筆がいると思っていましたから・・・
突然メッセージで・・・・
一本の筆だけで十分と言うメッセージ・・・
「自分の中で、えっと思いました」
でも、言われる通りに・・・
たった一本の筆で書き上げれるのだと思いました。
不思議と姿勢も腕の組み方もすべて
形が変わった
左手を右手の台して
筆が走り出す
不思議と・・・・
昔、その形で描いていたような懐かしさも伝わってきた
たぶん、思い出したんだろうね
自分を・・・・
昔からそう言う風に描いていた
違和感も何も無かった
「天図を描きなさい」と言うメッセージが今来ました。
「天図はオーラの図じゃ」
「曼荼羅でもあり、神の図でもあり星座でもある」
「お前もそろそろ何となく解ってきたじゃろぅ」
「オーラはプラネットと同じで人の縁は惑星を示しているのじゃ」
「その人を中心とする宇宙じゃ」
「それは、立体的な世界でもあるのじゃ」
「写真を撮るとたまに光る玉が写る時があるじゃろぅ」
「世間で言えばタマユラとも言う人がいるが・・・・」
「すべて宇宙そのものでなぁ」
「お前が描く丸い円は、タマユラでもあり・・・」
「その人の縁という惑星でもあり、透明な球体でなぁ」
「その近寄ってくる速度も様々じゃ」
「その縁を近寄せれるのが所謂、人とのめぐり合いあいじゃ」
「中には関係ないものまで来るものもあるがなぁ」
「その人の引力でもある」
「地球に引力があるようになぁ」
「つまり、人も地球も同じって事じゃ」
「地球の分身でもあるのじゃ」
「言霊を言う事」
「縁を迎えるための発生の信号でもある」
「トゥトゥトゥ・・・って言う信号と同じで気づいてもらうように」
「自分がここに居るんだよと言う信号、暗号でもある」
「それは、光になり高速で進むのじゃ」
「唱え方じゃ」
「動物達でも求愛をする時は命がけじゃ」
「自分の子孫を残そうとする本能があるからなぁ」
「鳥でも如何に羽を広げて綺麗に見せようとするじゃろ」
「自分の存在を知ってもらうためになぁ」
「人は言葉をしゃべれる民族じゃ」
「魔法を唱えれる民族でもある」
「民だからなぁ」
「如何に・・・自分の気持ちを込めて言えるかじゃ」
「自分の細胞を呼び起こせるかじゃ」
「深く眠る細胞をなぁ」
「眠る細胞が動き出したらすごいぞ」
「たちまちなぁ」
「色々な事が起こる」
「それが、人生を変える」
「魔法使いが、声を出して唱えるじゃろ」
「祈る事を人々は間違っている」
「祈る事は心の中で祈るのではなく」
「神る(カミル)事じゃ」
「示し申す事が神ごとじゃ」
「信号、暗号を申さなければならぬ」
「それが、神事じゃ」
「わかったなぁ」
【2009/07/06 16:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
引越し完了しました。
今日の朝から恒例の1日のお礼参りをしてきました。
ちょっと1日だけ遅れましたが
本当は昨日(汗)
大祓いをしました。
でも、気持ちがすっきりしました。

そして昼から・・・・
大須・・・
合点承知ビル内での引越しをしました。
なんか引越しをしている最中・・・・
今の場所でも良いかもしれないとも思いました。
もうかれこれ3年なんですよね
合点承知ビルも・・・・
数メートルの引越しでも
寂しく思いましたね。
たかが、数メートルですがね(笑)
人生ってそんなもんですよね
ちょっとした事でも・・・・

今回引越しした部屋は、2階の階段ほぼ正面に当たる所です。
ひょっとして・・・
解りづらくなったかも・・・
入り口しか見えなくなりましたからね
でも、それだけプライベート性は
格段に向上しましたね
元々、縁のある人だけ訪れてくれる場所ですからね
気分新たに・・・・
ホームセンターでカーテンを買い込み
一新に模様替えをしました。
都会のオアシスになりました。
窓から中庭的に広場が見え
猫の親子が・・・・
母親のお乳を4匹の可愛らしい子猫さんが吸っていました。
平和な光景でした。
でも、僕にとって落ち着ける場所になりましたね
その部屋から見える光景は
大須の中とは見えないほどの落ち着きがある場所です
ありがたい事です。

でも今回の場所は自分自身がここで
朝からでもずっと過ごしたい場所になりました。
ひょっとして・・・・
ここに朝からいるかも・・・・
【2009/07/01 22:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ソライ・サンタマン


ソライ・サンタマン オフィシャルブログ

プロフィール

ソライ

Author:ソライ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する