FC2ブログ
日御碕神社
日御碕神社は、本当に夢で見たそのまま世界でした。
竜宮城のような神社でしたね!
本当に、夢で行ったと確信しました。
最初にお参りした場所では、バス停の目の前の小さな社
そこでは、体長1.5メートルぐらいの鳥の神様が
突然、僕の目の前から羽ばたいて行った!
胴幅が直径50cm幅でした。

次に、スサノオウのメイン神殿にお参りしたら
3匹の鳩が、目の前に飛んできて
日御碕神社の殆どの社に付いてきた
水先案内みたいに・・・・
入って右奥に奉られている
稲荷さんの鳥居の入り口に奉られている
狐さんが、階段を登りきった所で
突然・・・・・・
大きな動作でぴょんと首を下げて
普通の石の狐さんに戻っていた!
それには、「あっ」と、開いた口が塞がらないぐらいに、超、驚きましたね!

それの後、経島に行けば
夢で見た景色まさに、そのままでした。
山にある手すりもすべてが・・・・
経島には、渡れないから
その前で、瞑想してみた
そうしたら・・・・・
奇麗な天女様が現れ
絹の服に、腕の部分には、金色のフサフサがつけていた
風になびきながら、輝いていた!
そのフサフサを持って行きなさいと言われ頂きました。
その周辺は、ソフトバンクでは、圏外になっていたが
ある瞬間だけ、通信が可能であった!
その後は、突然、圏外になった
これも不思議とだった!
みさきさんは、もうひとりの天照大御神だった
僕が、夢で見たのは、おばあさんを追いかけて
険しい山に登ろうとしていた
しかし、お会いしたのは、女神のような奇麗な女性でした。
でっ、そのおばあさんを追いかけて登った山に行く事にした
その山は、夢で見た手すりの山を登っていくと
その付近で一番高い山を目指した。
その山は、草ボウボウ状態で
ある程度は、上り詰めたが
とうとう、途中であきらめた
それだけ、道なき道でした。
夢でも、そこの途中だけが、夢が途切れていた
夢では・・・・・
でっ、あきらめて山を下って
気の向くままで歩いていると
右手に木製の鳥居が見えた
導かれるように、その鳥居を潜っていくと
何と・・・・・・
隠ヶ丘と言う丘にスサノオウの尊が
出雲の国作りで柏の葉をとり
「私の魂は、この柏の葉の止まる所に住もう」と
言って投げられた場所が、隠ヶ丘だった
その場所では、柏の葉の化石が出土されている場所でもあります。
そこで、山に登れなかったのは、この神社にお参りするのが
目的だったと気づかされた・・・・・
でっ、この地域で一番高い所でお参りしなさいと言うことでしたので
日御碕灯台に入り
163段の階段を昇り
見える景色は絶大でしたね
そして、その灯台でお参りをさせて頂きました。
その灯台は、日本で石造りの灯台では、日本一だそうで
本当に奇麗な灯台でしたね!
その灯台では、不思議な事が起こった!
最初に、出雲大社で見かけた30代の男性に
行く所、行く所で見かけ
日御碕神社でも合い
灯台でも階段の途中で4回も会った
とうとう、これも意味があるのかなと思い4回目で話す事にした。
その彼は、茨城県の出身で、
山口からレンタカー借りて
出雲に来られたそうで
9連休の休みを使い旅にこられたそうです。
色々な話をしました。
あまりにもシンクロニシティが重なりましたからね(汗)
その男性に、夢でこの場所に来たんですよと話したら
予知夢でもあるんですか?と訪ねられましたが・・・・・
僕の世界では、幽体離脱だと思う!
でっ、色々話して電話番号と名前を聞いて別れた!
4回も会うのだから
前世でも、ご縁が会ったと思います。
ある売店で、パンフレットを頂き
自宅に帰ると・・・・・
また、驚く世界
経島の海底では、人工的にが作られた拝台があったり
黒島にある海底トンネルには、玉砂利がひかれていたり
岩屋跡があったりで
祭壇があったりで・・・・・
古代は、この場所が陸地だった事を創造できます。
本当に驚く聖地でありました。


スポンサーサイト



【2013/05/02 19:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<信じる事、信じきれる事 潜在意識の世界1 | ホーム | 新しいサンタマン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://santaman.blog83.fc2.com/tb.php/157-eff30e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ソライ・サンタマン


ソライ・サンタマン オフィシャルブログ

プロフィール

ソライ

Author:ソライ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する